シラバス参照

授業科目の概要

科目名称 Technology Marketing Game(English) 
講義題目
Technology Marketing Game (English) 
科目ナンバリング・コード KED-GES1241E 
担当教員

渡邉 由佳

更新日付 2022/11/30 09:07
授業科目区分 総合科目 
学部カテゴリ 基幹教育科目 
使用言語 英語(E) 
対象学部等  
対象学年  
必修選択  
単位数
開講年度 2022 
開講学期 冬学期 
曜日時限 冬学期 水曜日 4時限
冬学期 水曜日 5時限
教室  
開講地区 伊都地区
授業科目に関する特筆事項
【Course Registration】
Registration is available on the QREC website at (http://qrec.kyushu-u.ac.jp/).

―――――――――――――
【登録期間】
~11/27(日)
【登録フォーム】
https://forms.gle/JZTBcAeQ1GPwDvNo9

【抽選発表】
11/28(月)午後(予定)

【取消期間】
11/28(月)抽選結果発表後~12/2(金)正午
【取消フォーム】
https://forms.gle/xshzTCkSeuuNyaqbA

【最終リスト確定】
12/5(月)正午頃 履修者確定!
教務課に履修登録申請予定。
―――――――――――― 



授業科目の目的・目標・履修条件について

授業科目の目的(日本語)
※このクラスは、英語で開講されます。

高性能であればあるほど製品が売れる、とは限らない。顧客の今の要望に合わせてばかりでは革新的なイノベーションに手をつけられない。市場に受け入れられる性能、価格等を適切にバランスさせて初めて売れる商品となり、その上で“市場の半歩先”を行くことで初めて新たな市場を切り拓くことができる。

本講座では、仏国の名門ビジネススクールINSEADで開発された経営シミュレーションゲームを用いて、製品開発から販路の選択、価格の決定、人事配置、広告戦略等にわたる多彩な意思決定スキルをグループワークを通して実践的に習得することを学習目標におく。 
授業科目の目的(英語)
* This course will be run entirely in English.

This course provides an authentic, competitive environment wherein students engage in a management simulation game named MarkStrat. MarkStrat has been developed at INSEAD, a renowned business school in France, and used for management skills training at a variety of enterprises and universities across the world.

Through the experience of playing MarkStrat and reflecting over those experiences, as well as lectures and workshops organized by the course instructor, students will learn how to use data to find market insights, work collaboratively in a small-group setting, and make decisions effectively. 
キーワード
Marketing, Competitive strategy, Communication, Leadership, Decision-making & risk-taking 
学位プログラムの学修目標 授業科目の到達目標(評価の観点)
1KED-GES20:A-1. (主体的な学び)深い専門的知識と豊かな教養を背景とし、自ら問題を見出し、創造的・批判的に吟味・検討することができる。
1KED-GES20:A-2. (協働)多様な知の交流を行い、他者と協働し問題解決にあたることができる。 
 
   

※学修目標と授業科目の結びつきの強さ

カリキュラム・マップ  
ルーブリック

授業科目の実施方法について

授業の方法
講義
演習
教授・学習法
グループ・ディスカッション
グループワーク・ペアワーク
プレゼンテーション
遠隔授業
対面授業の形で実施する
Moodleコース情報
コース設定あり
Moodleトップ画面(https://moodle.s.kyushu-u.ac.jp/course/index.php)
使用する教材
教科書・参考書・印刷資料
板書
スライド資料
映像・音声資料(字幕なし)
教材の配布方法
Moodle/B QUBE
独自webサイト
テキスト
Students are required to read "MarkStrat Participant Handbook" before Day-2.

Depending on how the game plays out, students might be required to work on the game of MarkStrat outside the class period. 
参考書等
Instruction/lecture slides used during the class will shared subsequently through M2B. 
授業計画 授業計画は予定であり、学びの進捗に合わせて変更することがあります。
1単位あたりの学修時間(45時間)の内訳(目安)
(講義・演習の場合)授業内学修15時間、事前・事後学修30時間
(実験、実習および実技の場合)授業内学修30~45時間、事前・事後学修0~15時間
授業のテーマ 授業の内容(90分授業=2時間) 事前/事後学修の内容
1 Day-1: Orientation & Team Building  Workshops  Read through "MarkStrat Participant Handbook" 
2 Day-2: Start MarkStrat Round1  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
3 Day-3: Continue playing MarkStrat/Learn about marketing processes  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
4 Day-4: Continue playing MarkStrat/Learn about the process of innovation defusion  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
5 Day-5: Mid-term summary  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
6 Day-6: Continue playing MarkStrat  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
7 . Day-7: Continue playing MarkStrat  Play the game of "MarkStrat"
(90mins x 2) 
  
8 Day-8: Peer-review sessions  Group discussion and presentation    
備考
Students are required to read "MarkStrat Participant Handbook" before Day-2.

Depending on how the game plays out, students might be required to work on the game of MarkStrat outside the class period. 

授業科目の成績評価の方法について

小テスト
◎ 
レポート
◎ 
発表
◎ 
授業への貢献度
◎ 
出席
◎ 

授業科目に関する学習相談について

担当教員による学習相談
The instructor welcomes students' visit to office. Oftentimes, however, he/she might be out of office for business trips and other engagements; so, please be wise to make appointment before you visit office, which is located on the 7th floor of 5th building, center zone on Ito Campus. 
合理的配慮について
障害(難病・慢性疾患含む)があり、通常の方法による授業を受けることが困難な場合には、教育目的の本質的な変更など過重な負担を伴わない限り、合理的配慮を受けることができます。合理的配慮とは、教授・学習法の変更、成績評価の方法の変更、授業情報の保障(資料の字幕化、個別の資料配布、録音・撮影の許可)、受講環境の調整などを指します。実際の方法については担当教員と建設的対話を行った上で決定されます。
<相談窓口> キャンパスライフ・健康支援センター インクルージョン支援推進室(伊都地区センター1号館1階)
(電話:092-802-5859 E-mail:inclusion@chc.kyushu-u.ac.jp)
修学上の合理的配慮の流れに関する部局HP https://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/campus_life/support.html 


PAGE TOP