シラバス参照

授業科目の概要

科目名称 テクノロジー・マーケティング・ゲーム 
講義題目
テクノロジー・マーケティング・ゲーム 
科目ナンバリング・コード KED-GES1241J 
担当教員

金子 晃介

更新日付 2022/09/28 21:43
授業科目区分 総合科目 
学部カテゴリ 基幹教育科目 
使用言語 日本語(J) 
対象学部等  
対象学年  
必修選択  
単位数
開講年度 2022 
開講学期 秋学期 
曜日時限 秋学期 水曜日 4時限
秋学期 水曜日 5時限
教室  
開講地区 伊都地区
授業科目に関する特筆事項
日本語(J)
【講義日程】 (水曜4-5限)
10/5, 10/12, 10/19, 10/26, 11/2, 11/9, 11/16, 11/30


【教室】
センターセンター2号館2308教室


【登録期間】
9/1(木)~9/25(日)

【登録フォーム】
https://forms.gle/cFquaG82EJxwF3WF7

【抽選発表】
9/26(月)午後(予定)

【取消期間】
9/26(月)抽選結果発表後~9/30(金)正午

【取消フォーム】
https://forms.gle/ekv3J8T7hw1or99z5


【最終リスト確定】
10/3(月)正午頃 履修者確定!
教務課に履修登録申請予定。

※大学院生の単位認定については、各学府によって取り扱いが異なりますので、所属先の教務課に確認の上、履修申請してください。


※定員を超える受講希望がある場合には、選考を行います。
選考後、受講可否・授業の詳細については、メールでご連絡いたします。 



授業科目の目的・目標・履修条件について

授業科目の目的(日本語)
高性能であればあるほど製品が売れる、とは限らない。顧客の今の要望に合わせてばかりでは革新的なイノベーションに手をつけられない。市場に受け入れられる性能、価格等を適切にバランスさせて初めて売れる商品となり、その上で“市場の半歩先”を行くことで初めて新たな市場を切り拓くことができる。
本講座では、仏国の名門ビジネススクールINSEADで開発された経営シミュレーションゲームを用いて、製品開発から販路の選択、価格の決定、人事配置、広告戦略等にわたる多彩な意思決定スキルをグループワークを通して実践的に体験し、マーケティングやマネジメントを習得することを学習目標におく。
授業科目の目的(英語)
This course provides an authentic, competitive environment wherein students engage in a management simulation game named MarkStrat. MarkStrat has been developed at INSEAD, a renowned business school in France, and used for management skills training at a variety of enterprises and universities across the world.

Through the experience of playing MarkStrat and reflecting over those experiences, as well as lectures and workshops organized by the course instructor, students will learn how to use data to find market insights, work collaboratively in a small-group setting, and make decisions effectively. 
キーワード
マーケティング、競争戦略、コミュニケーション、リーダーシップ、意思決定・判断 
履修条件
-
特になしだが、Moodle上の事前学習資料を確認のこと。
また、主教材としてクラウド上で稼働するゲーム(MarkStrat)を用いるため、インターネット接続が可能なPCまたはタブレット(iPad、Surface等)を準備すること。 
学位プログラムの学修目標 授業科目の到達目標(評価の観点)
1KED-GES20:A-1. (主体的な学び)深い専門的知識と豊かな教養を背景とし、自ら問題を見出し、創造的・批判的に吟味・検討することができる。
1KED-GES20:A-2. (協働)多様な知の交流を行い、他者と協働し問題解決にあたることができる。 
 
   

※学修目標と授業科目の結びつきの強さ

カリキュラム・マップ 1KED-GES20総合科目学修目標の対応表
ルーブリック

授業科目の実施方法について

授業の方法
講義
演習
教授・学習法
グループ・ディスカッション
グループワーク・ペアワーク
プレゼンテーション
遠隔授業
対面授業の形で実施する
Moodleコース情報
コース設定あり
Moodleトップ画面(https://moodle.s.kyushu-u.ac.jp/course/index.php)
使用する教材
スライド資料
教材の配布方法
Moodle/Book Q
テキスト
特になし 
参考書等
特になし
授業内で使用するスライド等は、各授業後にMoodle上で共有。 
授業計画 授業計画は予定であり、学びの進捗に合わせて変更することがあります。
1単位あたりの学修時間(45時間)の内訳(目安)
(講義・演習の場合)授業内学修15時間、事前・事後学修30時間
(実験、実習および実技の場合)授業内学修30~45時間、事前・事後学修0~15時間
授業のテーマ 授業の内容(90分授業=2時間) 事前/事後学修の内容
1 ガイダンス  講義の概要
シミュレーションの使い方
チームビルディング
チーム作業  
レポート提出 
2 顧客マーケティング  顧客ヒアリングの重要性
チーム作業 
レポート提出 
3 R&D(新製品開発)  R&D(新製品開発)の説明
チーム作業 
レポート提出 
4 新製品ローンチと既存製品改良  新製品の発売と既存製品の改良
チーム作業 
レポート提出 
5 マーケティング戦略の見直し  マーケティング戦略見直し
ピボット
チーム作業 
レポート提出 
6 選択と集中  ポートフォリオの見直し
チーム作業 
レポート提出 
7 総合的な判断  エフェクチュエーション
チーム作業 
レポート提出 
8 最終発表  プレゼンテーション  レポート提出 

授業科目の成績評価の方法について

レポート
40 (=4点 x 10回) 
発表
30点 
授業への貢献度
30点:シミュレーション結果に応じて点数を配分する 
備考
下記の内容を必須の項目とする。
・全講義の2/3以上の出席
・最終発表への参加
ただし、公欠届を提出した場合、不参加や欠席にカウントしない。

*履修登録時の注意点*

●時間割が重複している授業がある場合において、ウェブ上の履修登録ができたとしても、原則、重複科目の履修登録できません(重複した科目の単位認定は不可)。
●また、QRECのホームページから履修登録をした科目が学生ポータルシステムに反映されるまで時間がかかります。登録直後は、学生ポータルシステムで確認できませんので、ご留意ください。
●初回講義を受講されていない方は、履修受付出来かねますので、ご了承ください。
●既に日本語版、英語版関係なく一度「テクノロジー・マーケティング・ゲーム(基幹教育総合科目)/テクノロジー・マーケティング(工学部科目)」で受講したことがある方は、受講できません。
●講義ではライセンスを付与して実施するため、講義開始後の「履修取消」は、基本認めていません。特別な場合は、担当教員の許可を得た後、QREC事務室〈staff@qrec.kyushu-u.ac.jp〉 に履修取消をする旨のメールを送信してください。

※定員を超える受講希望がある場合には、選考を行います。
選考後、受講可否・授業の詳細については、メールでご連絡いたします。

◆大学院生の単位認定については、各学府によって取り扱いが異なりますので、所属先の教務課に確認の上、履修申請してください。 

授業科目に関する学習相談について

担当教員による学習相談
金曜日16:30-18:00 
合理的配慮について
障害(難病・慢性疾患含む)があり、通常の方法による授業を受けることが困難な場合には、教育目的の本質的な変更など過重な負担を伴わない限り、合理的配慮を受けることができます。合理的配慮とは、教授・学習法の変更、成績評価の方法の変更、授業情報の保障(資料の字幕化、個別の資料配布、録音・撮影の許可)、受講環境の調整などを指します。実際の方法については担当教員と建設的対話を行った上で決定されます。
<相談窓口> キャンパスライフ・健康支援センター インクルージョン支援推進室(伊都地区センター1号館1階)
(電話:092-802-5859 E-mail:inclusion@chc.kyushu-u.ac.jp)
修学上の合理的配慮の流れに関する部局HP https://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/campus_life/support.html 


PAGE TOP