シラバス参照

講義科目名 海洋物理学概論 
科目ナンバリングコード  
講義題目
海洋物理学概論 
授業科目区分 専攻授業科目又は関連授業科目/major courses or related courses 
開講年度 2020 
開講学期 後期 
曜日時限 後期 火曜日 3時限
必修選択 学府要項を確認のこと/refer to the Guidelines for IGSES 
単位数
担当教員

磯辺 篤彦

開講学部・学府 総合理工学府 
対象学部等 総合理工学府/IGSES 
対象学年 修士課程/Master's Program 
開講地区 筑紫地区
その他
(自由記述欄)
対面講義で行う。ただし、投稿にストレスを感じる学生や体調の悪い学生のため、自宅でも受講できるようfacebook(https://www.facebook.com/atsuhiko.isobe)のライブ動画で中継する。facebookアプリ(無料)をダウンロードしておくこと。講義に際してはマスクの着用と手の消毒、事前の検温を義務付ける。 



履修条件
授業概要
回転系の海洋物理学について解説する 
physical oceanography on a rotating frame 
授業形態
(項目)
□ 講義・演習
□ 実験
□ グループワーク・ペアワーク
□ 学内外実習
□ プレゼンテーション
□ ディスカッション
□ PBL/TBL 
授業形態
(内容)
対面講義とライブ動画配信 
使用する教材等
板書、テキスト(紙媒体)
moodleに板書のエッセンスと講義中に紹介する動画をアップしておくので、各自で事前にダウンロードしておくこと 
全体の教育目標
海洋物理学を概観できる 
個別の教育目標
回転系の波動論、定常解、不安定について理解する 
授業計画
慣性振動・慣性重力波
地衡流調節問題
渦位の保存
エクマン理論・スピンダウン
風成循環論(スベルドラップ平衡と西岸強化)
惑星ロスビー波・地形性ロスビー波
内部重力波
成層海洋における風成循環(アイソスタシーの成立)
深層循環論(ストムメルーアロンズ・モデル)
準地衡流近似
傾圧不安定 
キーワード
授業の進め方
対面講義とライブ動画配信 
テキスト
なし 
参考書
学習相談
試験/成績評価の方法等
レポート 
その他
添付ファイル
更新日付 2020/09/28 14:28


PAGE TOP