シラバス参照

講義科目名 デジタル工作入門 
科目ナンバリングコード KED-GES1241J 
講義題目
授業科目区分 総合科目 
開講年度 2020 
開講学期 後期集中 
曜日時限 後期集中 その他 その他
必修選択  
単位数
担当教員

金子 晃介

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室 センター5号館7階ToP・工房 
その他
(自由記述欄)
【講義日程】
10/10、10/17、10/24、11/7 土曜日1-2限

【教室】
伊都キャンパス(センター5号館7F ToP/工房) 



授業概要
本講義では,「自分のアイディアを形にする」をコンセプトとして,自分でアイディアを考え,アイディアをデザインして,デザインを基にプロダクトを作ってもらいます.
具体的には,QREC工房に設置してある3Dプリンターやレーザー加工機などのデジタル工作機械を利用して,プロダクトを作る講義をハンズオン形式で行います.
受講者は,2~3人のグループを組んで、グループでディスカッションを行いながらプロダクトを制作します.
グループワークやプロダクト制作を通じて,トライアンドエラーを繰り返しながら,短い期間で自分のアイディアとプロダクトを評価するラピッドプロトタイピングのプロセスを身につけてもらいます.

本講義は,通常の講義と異なり,毎週2コマずつの変則的な日程の集中講義形式で行われるので注意してください.
1週目は,3Dプリンターを利用して,自分のアイディアを形にします.
2週目は,レーザー加工機を利用して,自分のアイディアを形にします.
3週目は,電子工作とビジュアルプログラミングを利用して,自分のアイディアを形にします.
その後,3週間かけて,本講義で学んだ知識や技術を活かして,最終課題作品を作ります.
全ての週で,自分のプロダクトを作って,作業日誌とプロダクトを提出する必要があります.


なお.本講義では,講義中の様子を写真や映像として,ウェブサイトや論文に掲載する可能性がありますので,写真や映像の掲載に関して承諾していただける事を前提としています.
また,デジタルファブリケーションにおける教育研究のために,講義中のテスト結果,作業日誌の内容,アンケート結果,パソコンの操作記録などの学習データを分析し,個人が特定されないように処理した上で,学会や研究会に公表する可能性がありますので,学習データの取り扱いに関して承諾していただける事を前提としています.

2017年度の講義の様子:http://qrec.kyushu-u.ac.jp/news/20171020_1/ 
The concept of this course is "Shape Your Idea". Therefore, in this course, a learner thinks their idea, makes design of the idea and develops their product based on the design by using digital fabrication tools such as 3D printer and Leaser cutting machine through hands-on style lectures.
A leaner make their group consist of two or three members and develop their product through discussion with their group members.
Every leaner is required to acquire the ability to practice Rapid Prototyping which is a process repeating a cycle of development and evaluation in short-time period through repeating trials and errors.

Notice that his course is hold in irregular schedule as two classes in every week.
The concrete schedule is below;
First week: Shape your idea by using 3D Printer
Second week: Shape your idea by using Laser Cutting Machine
Third week: Shape your idea by using Electronics skill and visual programming
For three weeks, you need to make your final product by using these knowledge or skills you acquired in this course.
You need to develop your product and submit your job sheet every week.

We will take photos and videos in this lecture and publish it to a website or a paper of conferences.
Also, for educational research about digital fabrication, we will analyze your test results, contents of your job sheets, questionnaire results, operation logs and publish the data to conferences in condition that the data are modified with anonymous processing that you can't be identify from them.
Therefor, we hope that you accept the condition in advance.

The website of the lecture scene of this course hold in the 2017 year: http://qrec.kyushu-u.ac.jp/news/20171020_1/ 
キーワード
デジタルファブリケーション,ラピッドプロトタイピング,3Dプリンター,レーザー加工機,CAD,電子工作,ビジュアルプログラミング 
授業形態
(項目)
□ 講義・演習
□ 実験
□ グループワーク・ペアワーク
□ 学内外実習
□ プレゼンテーション
□ ディスカッション 
授業形態
(内容)
使用する教材等
板書、テキスト(紙媒体)、スライド資料(電子媒体)、映像・音声資料 
履修条件等
工作機械を扱うため,怪我などに備えて保険に加入しておくこと.

本講義では,講義中の様子を写真や映像として,ウェブサイトや論文に掲載する可能性がありますので,
写真や映像の掲載に関して承諾していただける事を前提としています.
また,デジタルファブリケーションにおける教育研究のために,講義中のテスト結果,作業日誌の内容,アンケート結果,パソコンの操作記録などの学習データを分析し,個人が特定されないように処理した上で,学会や研究会に公表する可能性がありますので,学習データの取り扱いに関して承諾していただける事を前提としています. 
履修に必要な知識・能力
特になし. 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  デジタル工作機械の取り扱いに関する知識を身につける.
ラピッドプロトタイピングついて理解する. 
2. B:専門的技能  デジタル工作機械を利用して,自分のアイディアを形にできる能力を身につける.
トライアンドエラーを繰り返して,短い期間で,自分のプロダクトを評価するラピッドプロトタイピングのプロセスを体得する. 
3. C:汎用的技能  アイディアを形にするための手法,チームワークを行う際のディスカッションの方法を身につける. 
4. D:態度・志向性  アイディアを頭の中だけで考えるのではなく,アイディアを実行に移すことができる行動力を身につける. 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. Product Design 1 
◯ 
CADを使ってプロダクトデザインを行う.
デザインしたものを3Dプリンターで出力する. 
自分のアイディアをCADを使って設計し,3Dプリンターを利用して形にすること. 
2. Product Design 2 
◯ 
CADを使ってプロダクトデザインを行う.
デザインしたものを3Dプリンターで出力する. 
自分のアイディアをCADを使って設計し,3Dプリンターを利用して形にすること. 
3. Machine and Fabrication 1 
◯ 
CADを使ってプロダクトデザインを行う.
デザインしたものをレーザー加工機を使って出力する. 
自分のアイディアをCADを使って設計し,レーザー加工機を利用して形にすること. 
4. Machine and Fabrication 2 
◯ 
CADを使ってプロダクトデザインを行う.
デザインしたものをレーザー加工機を使って出力する. 
自分のアイディアをCADを使って設計し,レーザー加工機を利用して形にすること. 
5. Hardware and Software 1 
◯ 
電子工作の基礎知識を学び,ArduinoとScratchを使って,センサーを利用した作品を作る.  自分のアイディアを電子工作の技術を利用して形にすること. 
6. Hardware and Software 2 
◯ 
電子工作の基礎知識を学び,ArduinoとScratchを使って,センサーを利用した作品を作る.  自分のアイディアを電子工作の技術を利用して形にすること. 
7. Final Project Presentation 1 
 
最終課題作品の発表を行う.  これまで学んできた内容を活かして,自分のアイディアを最終課題作品として形にすること. 
8. Final Project Presentation 2 
 
最終課題作品の発表を行う.  これまで学んできた内容を活かして,自分のアイディアを最終課題作品として形にすること. 
授業以外での学習にあたって
毎週の提出する必要がある作品と作業日誌を作成するための時間は,講義中には取らないので,講義外の時間で,QRECの工房を利用して作品を制作すること. 
テキスト
講義の際に資料を配布します. 
参考書
参考書は,特にありません.
この講義のカリキュラムは,MITのNeil Gershenfeld教授が行われているFab Academyを参考にして作りました.
Fab Academyの講義の内容は,無料で公開されているので,参考になるかも知れません.
https://fabacademy.org 
授業資料
講義の際に資料を配布します. 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
30点 
 
◎ 
◎ 
 
◯ 
 
 
 
 
40点 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
◯ 
◎ 
◯ 
◯ 
 
 
 
 
30点 
成績評価基準に関わる補足事項
■小テスト:(30点 = 10点 x 3週)
1週目,2周目,3週目に,デジタル工作機材の取り扱いに関するテストを行います.
(このテストは,満点を取らないと,機材を使うことができません.テストの受け直しは何度でも可能です.)

■作業日誌:(40点 = 8点 x 5週)
毎週,自分が行った工作の内容を作業日誌に記録します.この作業日誌の内容を評価します.

■最終作品:(30点)
最終作品は,最後の講義の際に発表してもらいます.この最終作品の内容を評価します.最終課題作品の発表及び提出は必須です.最終課題作品を発表及び提出しない場合,単位を認めません. 
ルーブリック
学習相談
QRECの工房で,TAの方がサポートしてくださるので,TAの方の時間を確認してください. 
添付ファイル
授業担当者の実務経験有無
授業担当者の実務経験内容
<実務経験の内容>

<実務経験が授業にどういかされるか> 
その他
【履修登録について】  
◆単位の取り扱いについては、各学部、学府によって異なりますので、事前に所属先の教務課にご確認の上、履修申請してください。
※人数が多い場合は、選考の予定です


《当日持ち物》
PC


《事前準備》
●学生教育研究災害傷害保険、学研災付帯賠償責任保険にご加入ください。
●下記ツールのインストールをお願いいたします。

・Fusion 360(3DプリンターやMilling Machine用のデータ作成ソフトウェア)
https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/students-teachers-educators?mktvar004=709254&internalc=true

・S4A (電子工作用ソフトウェア)
http://s4a.cat

・Inkscape(レーザー加工機用のデータ作成ソフトウェア)
https://inkscape.org/ja/download/

・GIMP(レーザー加工機用のデータ作成ソフトウェア)
https://www.gimp.org/downloads/ 
更新日付 2020/04/10 11:37


PAGE TOP