シラバス参照

講義科目名 テクノロジー・マーケティング・ゲーム 
科目ナンバリングコード KED-GES1241J 
講義題目
テクノロジー・マーケティング・ゲーム 
授業科目区分 総合科目 
開講年度 2020 
開講学期 春学期 
曜日時限 春学期 水曜日 4時限
春学期 水曜日 5時限
必修選択  
単位数
担当教員

山田 裕美

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
日本語(J) 
教室 センター5号館7階ToP 
その他
(自由記述欄)
【講義日程】
5/13、5/20、5/27、6/3、6/10、6/17、6/24
水曜4、5限(オンライン授業) 



授業概要
高性能であればあるほど製品が売れる、とは限らない。顧客の今の要望に合わせてばかりでは革新的なイノベーションに手をつけられない。市場に受け入れられる性能、価格等を適切にバランスさせて初めて売れる商品となり、その上で“市場の半歩先”を行くことで初めて新たな市場を切り拓くことができる。
本講座では、仏国の名門ビジネススクールINSEADで開発された経営シミュレーションゲームを用いて、製品開発から販路の選択、価格の決定、人事配置、広告戦略等にわたる多彩な意思決定スキルをグループワークを通して実践的に習得することを学習目標におく。 
This course provides an authentic, competitive environment wherein students engage in a management simulation game named MarkStrat. MarkStrat has been developed at INSEAD, a renowned business school in France, and used for management skills training at a variety of enterprises and universities across the world.

Through the experience of playing MarkStrat and reflecting over those experiences, as well as lectures and workshops organized by the course instructor, students will learn how to use data to find market insights, work collaboratively in a small-group setting, and make decisions effectively. 
キーワード
マーケティング、競争戦略、コミュニケーション、リーダーシップ、意思決定・判断 
授業形態
(項目)
■ 講義・演習
□ 実験
■ グループワーク・ペアワーク
□ 学内外実習
■ プレゼンテーション
■ ディスカッション 
授業形態
(内容)
使用する教材等
板書、テキスト(紙媒体)、スライド資料(電子媒体)、映像・音声資料 
履修条件等
コロナウイルスの影響により、オンラインにて授業を実施するため、自宅に良好なネット環境が必要不可欠です。春学期に関しては、講義時間中のオンライン接続が維持可能なネット環境を有する者のみ受講可とします。

※定員を超える受講希望がある場合には、選考を行います。
選考後、受講可否・授業の詳細については、メールで連絡します。
受講が決まった者は、第1回目の授業前までにMoodleにて科目名「テクノロジー・マーケティング・ゲーム(春)」をマイコースに登録し、確認できる状態にしておくこと。事前準備等連絡事項を随時アップします。

《履修登録について》
★履修登録は、QRECのHPより受付します。
http://qrec.kyushu-u.ac.jp/

春学期:【登録〆切: 5/8(金) 9:00まで】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdpWJm0ezcXH3BE69mCHZj5sUkL-3tx6JOgBxnTesl2YQkXWA/viewform 
履修に必要な知識・能力
特になしだが、以下の事前学習資料を確認のこと。
また、主教材としてクラウド上で稼働するゲーム(MarkStrat)を用いるため、インターネット接続が可能なPCまたはタブレット(iPad、Surface等)を準備すること。

【事前学習資料】
以下リンクを確認ください。
https://bit.ly/2yfJ5Vp 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  ・ イノベーション駆動型製造業におけるビジネスの要諦について説明できるようになる

・ イノベーションの普及プロセスとそれに基づくビジネスフレームワークの要諦について説明できるようになる 
2. B:専門的技能  ・ 多種多様・大量の情報を短時間で処理してマネジメント上必要な意思決定につなげることができるようになる

・ 自社のみではなく、競合他社の出方に応じて、あるいは他社の出方を予測したうえでマネジメント上の戦略を立てられるようになる 
3. C:汎用的技能  ・ 限られた情報をもとに自分と他者の知識や経験を組み合わせて答えを導き出せるようになる

・ 不確実な状況下にあっても、その時点で利用可能な情報および経験にもとづいて効果的な意思決定を行うことができるようになる 
4. D:態度・志向性  ・ 一見難解にみえる情報・データに対しても興味を持って取り組めるようになる

・ 自らの見解にこだわらず、柔軟に他者の意見を取り入れて考えられるようになる 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. Day-1:キックオフ&チームビルディング 
 
ガイダンス、グループ組成、マーケティングの基礎理解、グループワーク等  「MarkStrat Participant Handbook」を通読 
2. Day-2:ゲーム開始/R&Dについて 
 
MarkStratを用いたゲーム   
3. Day-3:ゲーム実施/マーケティング・プロセスについて 
 
MarkStratを用いたゲーム   
4. Day-4:ゲーム実施/イノベーションの普及プロセスについて 
 
MarkStratを用いたゲーム   
5. Day-5:中間振り返り 
 
MarkStratを用いたゲーム   
6. Day-6:ゲーム締めくくり 
 
MarkStratを用いたゲーム   
7. Day-7:プレゼンテーション 
 
   
授業以外での学習にあたって
第一週に「MarkStrat Participant Handbook」の通読を求める。また、ゲームの展開次第では、授業時間外にゲームの実施を行うこともありうる。 
テキスト
特になし 
参考書
特になし 
授業資料
授業内で使用するスライド等は、各授業後にMoodle上で共有。 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◯ 
◯ 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
◯ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
出席を重視する。 
ルーブリック
学習相談
添付ファイル
授業担当者の実務経験有無
有 
授業担当者の実務経験内容
<実務経験の内容>

<実務経験が授業にどういかされるか> 
その他
春学期:【登録〆切: 5/8(金) 9:00まで】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdpWJm0ezcXH3BE69mCHZj5sUkL-3tx6JOgBxnTesl2YQkXWA/viewform

*履修登録時の注意点*
●時間割が重複している授業がある場合において、学生ポータルシステムで登録ができたとしても、原則、重複科目の履修登録できません(重複した科目の単位認定は不可)。
●また、QRECのホームページから履修登録をした科目が学生ポータルシステムに反映されるまで時間がかかります。登録直後は、学生ポータルシステムで確認できませんので、ご留意ください。
●初回講義を受講されていない方は、履修受付出来かねますので、ご了承ください。
●既に日本語版、英語版関係なく一度「テクノロジー・マーケティング・ゲーム(基幹教育総合科目)/テクノロジー・マーケティング(工学部科目)」で受講したことがある方は、受講できません。
●講義開始後の「履修取消」は、担当教員の許可を得た後、QREC事務室〈staff@qrec.kyushu-u.ac.jp〉 に履修取消をする旨のメールを送信してください。

※初回講義を受講されていない方は、履修受付出来かねますので、ご了承ください。

※定員人数40人
定員を超える受講希望がある場合には、選考を行います。
選考後、受講可否・授業の詳細については、メールでご連絡いたします。
※受講が決まった者は、第1回目の授業前までにMoodleにて科目名「テクノロジー・マーケティング・ゲーム(春)」をマイコースに登録し、確認できる状態にしておくこと。事前準備等連絡事項を随時アップします。

◆大学院生の単位認定については、各学府によって取り扱いが異なりますので、所属先の教務課に確認の上、履修申請してください。 
更新日付 2020/04/30 17:08


PAGE TOP