シラバス参照

講義科目名 食品工業分析学 
科目ナンバリングコード AGR-MBI3462J、AGR-FST3132J 
講義題目
食品工業分析学 
授業科目区分 (農)専攻教育科目 (Agr)Major Subject 
開講年度 2020 
開講学期 前期 
曜日時限 前期 月曜日 2時限
必修選択 選択必修(compulsory elective) 
単位数
担当教員

松井 利郎

開講学部・学府 農学部 
対象学部等 食糧化学工学分野(Food Science and Technology) 
対象学年 学部3年(The 3rd year) 
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
Japanese 
教室  
その他
(自由記述欄)
2020年度は、従来の講義科目とは異なる講義内容としているので注意を。Moodleに各授業日の課題を掲載するので、それを取得し、解答すること。解答はMoodleにて。 



授業概要
食品品質を左右する成分の工程管理に必須となる分析法あるいはそれに関わる機器の測定原理,応用,測定データの解析方法について概説する. 
Lecture on fundamental knowledges and techniques regarding spectroscopic analyses of food quality. 
キーワード
食品品質評価,分析化学,機器分析学 (evaluation of food quality, analytical chemistry, instrumental analysis) 
授業形態
(項目)
□ 講義・演習
□ グループワーク・ペアワーク
□ ディスカッション 
授業形態
(内容)
使用する教材等
板書、テキスト(紙媒体)、スライド資料(電子媒体)、映像・音声資料 
履修条件等
特になし(no) 
履修に必要な知識・能力
特になし(no) 
到達目標
No 観点 詳細
1. 分析力の獲得 (to get knowledges on analytical treatments)  分光分析法、NMR法など各種分析機器の測定原理,応用,特に、測定データの解析が実践できる (can analyze practical spectrometric results) 
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 工業分析概要 (Introduction) 
◯ 
   
2. 分光分析法の基礎について (on fundamentals of spectrometry) 
◯ 
   
3. 分光分析法の応用について-1 (on application of spectrometry-1) 
◯ 
演習 (Exercise)   
4. 分光分析法の応用について-2(on application of spectrometry-2) 
◯ 
演習(Exercise)   
5. NMR法概説について (on fundamentals on NMR spectrometry) 
◯ 
演習(Exercise)   
6. 1H-NMR法スペクトル解析-1について (on analysis of 1H-NMR spectrometry-1) 
◯ 
演習(Exercise)   
7. 1H-NMR法スペクトル解析-2について(on analysis of 1H-NMR spectrometry-2) 
◯ 
演習(Exercise)   
8. 1H-NMR法スペクトル解析-3について(on analysis of 1H-NMR spectrometry-3) 
◯ 
演習(Exercise)   
9. 1H-NMR法スペクトル解析-4について(on analysis of 1H-NMR spectrometry-4) 
◯ 
演習(Exercise)   
10. 13C-NMR法スペクトル解析について(on analysis of 13C-NMR spectrometry) 
◯ 
演習(Exercise)   
11. 2D-NMR法スペクトル解析について(on analysis of 2D-NMR spectrometry) 
◯ 
演習(Exercise)   
12. GC分析(基礎)について(on fundamentals of GC) 
◯ 
   
13. GC分析(応用)について (on application of GC) 
◯ 
   
14. その他分析法-1 (on fundamentals of other spectrometric methods-1) 
◯ 
   
15. その他分析法-2 (on fundamentals of other spectrometric methods-2) 
◯ 
   
16. 定期試験 (test) 
◯ 
定期試験 (test)   
授業以外での学習にあたって
与えられた課題を復習し、理解すること (to understand the principle and practical techniques) 
テキスト
食品分析学(松本 清編著,培風館)(Food Analysis) 
参考書
なし(no) 
授業資料
随時(tentative) 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
80% 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
20% 
成績評価基準に関わる補足事項
定期試験においては、実際のスペクトルを解析させ、構造推定能力を評価する。(exersise practila spectroscopic results at the test) 
ルーブリック
学習相談
授業終了後あるいは12:00-13:00(随時)(after lecture or 12:00-13:00, tentative) 
添付ファイル
授業担当者の実務経験有無
授業担当者の実務経験内容
<実務経験の内容>

<実務経験が授業にどういかされるか> 
その他
特になし(no) 
更新日付 2020/04/06 16:12


PAGE TOP