シラバス参照

講義科目名 デジタルモデリング演習 
科目ナンバリングコード DES-IND3523J 
講義題目
Exercise in Digital Modeling 
授業科目区分 専攻教育科目 Specialized Education 
開講年度 2018 
開講学期 前期 
曜日時限 前期 金曜日 1時限
前期 金曜日 2時限
必修選択 選択 Elective 
単位数 2.0 
担当教員

竹之内 和樹

大草 孝介

開講学部・学府 芸術工学部 
対象学部等 芸術工学部 工業設計学科 Department of Industrial Design 
対象学年 学部3年 Undergraduate third grade 
開講地区 大橋地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室  
その他
(自由記述欄)



授業概要
[第1回~第5回]
プログラミングの基礎技術からWebからのデータ取得,データ解析などをプログラミング言語Pythonを通じて理解していく.

[第6回~第15回]
形状・動作のデザインを,3D-CADや3DD入出力機器を利用して行うための基本を身につける. 
[Day1 - Day5]
This course starts with an introduction to Python programming covering basic programming concepts and Python syntax. It then continues to deepen students’ knowledge of Python by teaching how to access data (online dataset), and analyse and modeling that data.

[Day6 - Day15]
In the latter 2 thirds of this course digital modeling of 3D object will be introduced. With exercises of 3D modeling on CAD followed by digital fabrication will deepen your knowledge of deigital fabrication. 
キーワード
プログラミング,論理的思考,データマイニング,機能デザイン3Dデザイン,ラピッドプロトタイピング 
授業形態
(項目)
授業形態
(内容)
使用する教材等
履修条件等
設計多変量解析,工業設計モデリング,機能デザイン論を履修していることが望ましい. 
履修に必要な知識・能力
到達目標
No 観点 詳細
1. A:理解   
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 第1回 コンピュータの歴史・プログラミングの基礎(1) 
 
   
2. 第2回 プログラミングの基礎(2)・アルゴリズム 
 
   
3. 第3回 ライブラリの使用法・データを取得する 
 
   
4. 第4,5回 データのハンドリング 
 
   
5. 第6回~第8回 形状機能のデザイン(曲面の生成と接合) 
 
   
6. 第9回 運動機能のデザイン(機構の運動と制御) 
 
   
7. 第10,11回 リバースエンジニアリング(実体モデルからの3Dデジタルモデル生成) 
 
   
8. 第12回~第15回 3D出力情報の作成・編集と出力および出力後の仕上げ作業 
 
   
授業以外での学習にあたって
テキスト
演習の進行に対応した資料を配布する. 
参考書
授業資料
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
各回の取組み,作業の進行に対応して指示する課題による総合評価を行う. 
ルーブリック
学習相談
それぞれの担当者のオフィスアワーで対応する. 
添付ファイル
その他
第1回(4月13日)は情報基盤センター2階の第1演習室で行う. 
更新日付 2018/04/02 21:36


PAGE TOP