シラバス参照

講義科目名 新興国アントレプレナーシップ 
科目ナンバリングコード KED-GES1241J 
講義題目
授業科目区分 総合科目 
開講年度 2018 
開講学期 前期 
曜日時限 前期集中 その他 その他
必修選択  
単位数
担当教員

Ashir Ahmed

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
Partly English 
教室  
その他
(自由記述欄)
Yunus and Shiiki Social Business Research Center will assist the class

ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センターの岡田昌治特任教授との共同並びに同センターコーディネーターによる講義補助のもと担当。


【講義日程】

第1回:4月26日-28日 国際学会「The 2nd International Conference on Healthcare, SDGs and Social Business」 (椎木講堂一階会議室) と国際フォーラム「Social Business Forum Asia 2018 Spring」(Fukuoka Growth Next (福岡県福岡市中央区大名2丁目6−11) )に出席

★4月26日 9:00~10:40   WORKSHOP ON SOCIAL BUSINESS【ワークショップ】のみ出席必須

※26日の残りのプログラムと27日の終日のプログラムの参加は任意(ワークショップ以外のプログラムに参加するには学会参加登録が必要。参加登録をしたい学生は履修登録時に「学会の参加登録をする」を選択すること。参加登録の選択があった学生にのみ、参加料が無料になるパスコードを付与)

★4月28日 国際フォーラム「Social Business Forum Asia 2018 Spring」に出席 (Fukuoka Growth Next (福岡県福岡市中央区大名2丁目6−11) )
10:00~17:00 終日出席必須

第2回:6月9日(土)10:00-17:00・・・ワークショップ

現地:8月4日(土)~11日(土)・・・フィールドワーク

第3回:7月7日(土)10:00-17:00・・・講義

第4回:8月25日(土)10:00~17:00・・・最終発表


【フィールドトリップ概要】(※変更の可能性有※)

現地日程:8/4(土)~8/11(土)
8/4(土)福岡出発→バンコク到着
8/5(日)オリエンテーション@AIT
8/6(月)〜 8/9(木)各ローカルコミュニティ、政府機関等訪問
8/10(金)プレゼンテーション準備
8/11(土)プレゼンテーション
8/11(土)深夜バンコク出国→福岡到着【翌12日】

<終日ワークショップ内容(予定)>
*国連の持続可能な開発目標(SDGs)と関連付けた社会課題(とくにヘルスケア関連)の基礎知識
*AITやタイ政府の社会課題への取り組み、活動概要
*現地のアントレプレナーシップ関連のプロジェクト概要
地方訪問での社会課題テーマ案:水と衛生、ヘルスケア、コミュニティ開発
課題解決アイデアプランニング:ITを活用した課題解決案の作成


【教室】

伊都キャンパス パブリック1号館 2F シリコンバレールーム 



授業概要
社会的課題をビジネスの手法で自立的・持続的に解決するソーシャル・ビジネスについて、その先駆者であるムハマド・ユヌス博士(グラミン銀行創設者/ノーベル平和賞受賞者)の理念と途上国における実践例を中心に、途上国/新興国の社会的弱者や貧困層のための課題解決型ビジネスを構築するうえで必要な視点とエッセンスを学ぶ。また、受講者は途上国現地で社会的課題を調査し、具体的な解決策を立案するためのフィールドワークを通して、途上国/新興国アントレプレナーシップの実践ステップを経験する。 
UN had defined SDGs (Sustaibable Development Goals) to be achieved by 2030. The major goals are about poverty, healthcare and environment. Advanced and appropriate technologies can help these goals to be achieved faster. The concept of social business defined by Dr. Muhammad Yunus (the 2006 Nobel Peace Laureate) can help to socially adopt the technologies in a sustainable manner. The course aims to provide both theoritical lectures and practical field trips to at least one developing country to obtain the social needs, design solutions using ICT to address a particular social issue. At the end of the class, each student will be equipped with necessary skills to see him/herself as a social change maker. 
キーワード
Social Business, Entrepreneurship, Emerging Countries, SDGs, Social Innovations

アントレプレナーシップ、新興国、SDGs、ソーシャルイノベーション、 
履修条件等
原則として20名程度を限度とする。応募者多数の場合はメンバーの多様性を勘案して選考する。

講義「ソーシャル・アントレプレナーシップ」とあわせて履修することが望ましい。 
履修に必要な知識・能力
Basic English Communication Skill

ある程度の英語コミュニケーション能力があること

事前課題として、ムハマドユヌス博士の著書「ソーシャル・ビジネス革命」(早川書房)と、「3つのゼロの世界 貧困0・失業0・CO2排出0の新たな経済」 (早川書房)を読んでおくこと。 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  Undertanding the concept of social business and SDGs. 
2. B:専門的技能  Able to propose solutions that use ICT or any technology. Will be able to create a business model based on Yunus Social Business 7 principles. 
3. C:汎用的技能  Ability to discover and resolve problem in society. 
4. D:態度・志向性  Able to work in a group, develop interpersonal communication skills. 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 【事前講義】

ソーシャルビジネスに関する国際学会と国際フォーラムに参加

事前ワークショップ 
◯ 
◯   
2. 【現地プログラム】

途上国でのフィールドワークと

現地での一次発表会 
◯ 
◯  現地での調査後、発表準備 
3. 【成果発表会】

具体的なビジネスプラン発表と評価 
◯ 
◯   
授業以外での学習にあたって
本授業では、講義形式に加えてグループワークを伴うワークショップ形式を取り入れるため、授業以外での調査やグループ内の意見交換、グループ作業が生じる。 
テキスト
事前課題として、ムハマドユヌス博士の著書「ソーシャル・ビジネス革命」(早川書房)と、「3つのゼロの世界 貧困0・失業0・CO2排出0の新たな経済」 (早川書房)を読んでおくこと。

「グラミンのソーシャル・ビジネス-世界の社会的課題とどう向き合うか」(集広舎) 
参考書
授業資料
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述1) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述2) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述3) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
ルーブリック
学習相談
【履修登録について】
QREC事務室 〈support@qrec.kyushu-u.ac.jp

【その他について】
SBRC事務室 〈info@sbrc.kyushu-u.ac.jp
添付ファイル
その他
【履修登録について】
★履修登録は、QRECのHPより受付致します。
※履修期間:4/9(月)~先着20名

◆大学院生の単位認定については、各学府により異りますので、所属先の教務課に確認の上、履修申請してください。
※QBS2018年度入学生は、単位認定可。


【事前課題について】
ムハマドユヌス博士の著書「ソーシャル・ビジネス革命」(早川書房)と、「3つのゼロの世界 貧困0・失業0・CO2排出0の新たな経済」 (早川書房)を読んでおくこと。 
更新日付 2018-04-24 16:38:09.523


PAGE TOP