シラバス参照

講義科目名 アントレプレナーシップ・セミナー 
科目ナンバリングコード KED-GES1241J 
講義題目
アントレプレナーシップ・セミナー 
授業科目区分 総合科目 
開講年度 2018 
開講学期 冬学期 
曜日時限 冬学期 金曜日 5時限
冬学期 金曜日 6時限
必修選択  
単位数
担当教員

松永 正樹

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
日本語(J) 
教室 1302 
その他
(自由記述欄)
【講義日程】 11/30、12/7、12/14、12/21、2019/1/11、1/25、2/1、2/8



※ 授業振替のため、1/15のみ月曜日に開講する 



授業概要
普段キャンパスでは出会うことのできない各分野の第一人者を招き、公開セミナーを開催する。招聘の対象となるゲスト講師の選定・折衝、および、セミナーの内容策定は、学生有志で構成される運営委員会が担当講師のガイダンスのもとで行う。単に著名人を招いて御説拝聴するのではなく、講演参加者一人ひとりが積極的に議論に参加してインタラクティブなセミナーを実施する。起業にまつわるリアルなエピソードを当事者から直接聞くことによって、広義のアントレプレナーシップ・マインドにおける意識変容を喚起することを学習目標とする。 
A gorgeous lineup of guest speakers will be invited to this seminar, wherein students learn what is means to be an entrepreneur. 
キーワード
アントレプレナーシップ、キャリア 
履修条件等
特になし 
履修に必要な知識・能力
特になし 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  ・ "Be entrepreneurial"とはどういう意味かを説明できるようになる 
2. B:専門的技能  ・ 日々変わりゆく世界を、他人事ではなく、自分自身が変革の当事者として関わるものだと実感する















・ 自分のキャリア、ひいては人生について、他人任せ、運任せではなく、自ら主体的に切り拓く具体的なアプローチを見出す 
3. C:汎用的技能  ・ 限られた情報をもとに自分と他者の知識や経験を組み合わせて答えを導き出せるようになる 
4. D:態度・志向性  ・ 自らの見解にこだわらず、柔軟に他者の意見を取り入れて考えられるようになる 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 導入 
◯ 
ワークショップ   
2. セミナー① 
 
   
3. セミナー② 
 
   
4. セミナー③ 
 
   
5. セミナー④ 
 
   
6. セミナー⑤ 
 
   
7. セミナー⑥ 
 
   
8. 振り返りセッション 
 
   
授業以外での学習にあたって
招聘する外部講師の要望によって事前・事後課題を課すことがある 
テキスト
特になし 
参考書
特になし 
授業資料
特になし 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◯ 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
ルーブリック
学習相談
講師のオフィスは伊都キャンパス内パブリック1号館2F、QREC内にあるので、必要あるいは興味に応じてアポイントを設定したうえで(学外に出張等で出ていることも多いので)、訪問・雑談を歓迎します 
添付ファイル
その他
《大学院生の履修登録について》

★履修登録は、QRECのHPより受付します。

  http://qrec.kyushu-u.ac.jp/regist/

◆単位認定については、各学府により異なる場合がありますので、所属先の教務課に確認の上、履修申請してください。 
更新日付 2018-03-26 10:31:45.969


PAGE TOP