シラバス参照

講義科目名 アントレプレナーシップ・マーケティング基礎 
科目ナンバリングコード KED-ASD2271J 
講義題目
アントレプレナーシップ・マーケティング基礎 
授業科目区分 高年次基幹教育科目 
開講年度 2018 
開講学期 冬学期 
曜日時限 冬学期 火曜日 1時限
必修選択  
単位数
担当教員

寺野 梨香

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
日本語 
教室 1302 
その他
(自由記述欄)
【講義日】
12/4、12/11、12/18、12/25、2019/1/8、1/22、1/29、2/5 



授業概要
本講義ではマーケティングの基礎を学ぶ。マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスが含まれる。本講義ではマーケティングの基礎を学んだ上で、現実社会の実例を取り上げて議論を重ねることで、マーケティングの応用力の習得を目指す。 
Basic Entrepreneurship Marketing forms one of the four parts of business administrati'on. In this course the students learn the basics of marketing. Market­ing is a concept in all of the activities of corporations and organizations that seek to create the products that customers really want, provide them with the relevant information, and ensure that the customers can effectively obtain that value. It includes management philosophy, strategies, mechanisms and processes aimed at clarifying customer needs and generating customer value. By learning about the basics of marketing and repeatedly discussing examples from real society the course aims to endow students with practical abilities in marketing. 
キーワード
マーケティング、商品、消費者行動、カスタマー・インサイト、商品デザイン 
履修条件等
「アイデア・ラボⅠ」が原則履修済。 
履修に必要な知識・能力
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  マーケティングの基本的な概念および理論を理解する。 
2. B:専門的技能  企業の事例から、マーケティング手法を考える。 
3. C:汎用的技能  基礎的な枠組みを学ぶことで、マーケティングをより身近なものとしてとらえられる。 
4. D:態度・志向性  ターゲット市場や顧客のニーズを考えて製品デザインに携わる姿勢を身に着けることができる。 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. マーケティングの定義 
 
   
2. 企業のマーケティング戦略 
 
   
3. マーケティングの基本フレームワーク 
 
   
4. カスタマー・インサイト/顧客の消費行動 
 
   
5. 製品、サービス、ブランド 
 
   
6. 顧客のニーズに対応するマーケティング・チャネル 
 
   
7. 価格設定 
 
   
8. 講義のまとめ 
 
   
授業以外での学習にあたって
テキスト
特に使用しない。 
参考書
コトラー・アームストロング・恩藏直人(2015) 『コトラー、アームストロング、恩蔵のマーケティング原理』 丸善出版 
授業資料
授業資料はM2Bを通して配布する。 
成績評価
成績評価基準に関わる補足事項
ルーブリック
学習相談
原則、講義前後に実施する。より個別具体的な相談は日程調整の上、実施する。 
添付ファイル
その他
《大学院生の履修登録いついて》
★履修登録は、後期履修登録期間にQRECのHPより受付します。
 http://qrec.kyushu-u.ac.jp/regist/

◆単位の取り扱いについては、各学府によって異なりますので、事前に所属先の教務課にご確認の上、履修申請してください。 
更新日付 2018-10-05 13:14:11.345


PAGE TOP