シラバス参照

講義科目名 情報ネットワーク 
科目ナンバリングコード  
講義題目
情報ネットワーク 
授業科目区分 専攻教育科目 / Specialized Courses 
開講年度 2018 
開講学期 後期 
曜日時限 後期 火曜日 3時限
必修選択 選択 / Elective 
単位数
担当教員

岡村 耕二

開講学部・学府 工学部 
対象学部等 電気情報工学科(C課程) / Department of Electrical Engineering and Computer Science 
対象学年
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
日本語 
教室  
その他
(自由記述欄)



授業概要
コンピュータネットワーク、サイバーセキュリティの最新技術,課題,今後の発展などについて,具体的な事例を使って解説する. 
The latest technologies for Computer Network and Cybersecurity and their future are explained with much case study. 
キーワード
伝送システム, 交換方式, 回線交換, パケット交換, トラフィック理論, ネットワークアーキテクチャ, 伝送制御, OSI参照モデル , LAN, インターネット / Transmission systems, Switching system, Circuit switching, Packet switching, Traffic theory, Network architecture, Transmission control, OSI reference model, LAN, Internet、サイバーセキュリティ 
履修条件等
工学部電気情報工学科C課程3年生および相当 
履修に必要な知識・能力
履修に必要な知識・能力については,適宜,授業中に説明します。 
到達目標
No 観点 詳細
1. 知識・理解   
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 講義導入 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
2. サイバーセキュリティ 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
3. インターネット概要 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
4. 物理層 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
5. データリンク 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
6. 経路制御 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
7. トランスポート 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
8. インターネットの歴史 
◯ 
  Moodleによる確認演習 
授業以外での学習にあたって
Moodleによる確認演習があります。しっかり取り組んでください。 
テキスト
情報通信ネットワーク、遠藤靖典、コロナ社、2001 年

http://okaweb.ec.kyushu-u.ac.jp/lectures/in/ 
参考書
コンピュータ通信とネットワーク、福永邦雄・泉正夫・荻原昭夫、共立出版、2002

コンピュータネットワーク(情報・電子入門シリーズ)、宮原秀夫・尾家祐二、共立出版、1999

情報通信ネットワーク、酒井善則・植松友彦、昭晃堂、1999 
授業資料
Moodel上に PDFで提示します。 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
100% 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
実施しますが評点には関わりません。 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
実施しますが評点には関わりません。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(実施しません) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(実施しません) 
成績評価基準に関わる補足事項
期末試験及び講義時間外おMoodleによる確認演習等を加味して、総合的に評価する。 
ルーブリック
学習相談
適宜、開講教員と相談のこと。 
添付ファイル
その他
【授業の進め方】資料とPCプロジェクタを利用して講義を行う。



・教室および曜日時限については、掲示される情報を必ず確認しておいてください。

・他の授業と同様、Webによる履修登録を行ってください。

・すべての授業に出席することが望まれますが、やむをえず欠席する場合は、事前または事後に必ず担当教員に連絡してください。

・剽窃を含む不正行為には、厳しく対応します。

・本学では、ハラスメントに関する相談や苦情の申出に対応するために、相談窓口・相談員を設置しています。

ハラスメントの防止・対策について

http://www.kyushu-u.ac.jp/university/harassment/

・学習相談は随時受け付けます。担当教員に授業の際や電子メール等で相談してください。

・授業に関わる活動に困難を感じた際には、できるだけ早く担当教員に相談してください。 
更新日付 2018-10-23 18:19:20.663


PAGE TOP