シラバス参照

講義科目名 原子力材料学 
講義題目
授業科目区分 専攻授業科目又は関連授業科目(major courses or related courses) 
開講年度 2017 
開講学期 後期 
曜日時限 後期 月曜日 1時限
必修選択 学府要項を確認のこと。(refer to the Guidelines for IGSES) 
単位数 2.0 
担当教員

渡辺 英雄

開講学部・学府 総合理工学府 
対象学部等 総合理工学府(IGSES) 
対象学年 修士課程(Master’s Program) 
開講地区 筑紫地区
その他
(自由記述欄)



履修条件
特になし。 
授業概要
1回目、放射線の基礎について、核分裂と核融合 2回目、原子炉の原理と構成 3回目、原子炉における照射損傷の基礎過程 4回目、照射により形成される内部欠陥 5回目、照射による材料の組織変化 6回目、照射による材料の物理的性質の変化 7回目、照射による材料の機械的、化学的性質の変化 8回目、核燃料材料の物理・化学的性質 9回目、核燃料材料の照射効果 10回目、原子炉構成材料1 11回目、原子炉構成材料2 12回目、核融合炉工学 13回目、核融合炉材料1 14回目、核融合炉材料2 
全体の教育目標
カリキュラム上、先端エネルギー理工学専攻「材料」系学生の選択科目であり、「専門科目」に分類される.本講義では、核分裂炉及び核融合炉に使用される材料(特に構造材料)について、その使用環境を把握し、そこで起こる現象をついて、基礎から材料の特性まで理解することを目的とする。 
個別の教育目標
授業計画
キーワード
軽水炉、原子力安全研究、高経年化、応力腐食割れ、高経年化 
授業の進め方
テキスト並びにOHPによる講義形式 
テキスト
放射線の基礎に関連したテキスト
日本金属学会編、講座・現代の金属学 材料編第8巻 原子力材料 
参考書
学習相談
随時(予め連絡御願いします。) 
試験/成績評価の方法等
出席回数及びレポートから総合的に評価する 
その他
内線 7717 watanabe@riam.kyushu-u.ac.jp 
添付ファイル
更新日付 2017-05-31 09:53:41.678


PAGE TOP