シラバス参照

講義科目名 キャリアデザインⅢ 
科目ナンバリングコード KED-GES1221J 
講義題目
キャリアデザイン Ⅲ  男女共同参画の観点から 
授業科目区分 総合科目 General Subjects 
開講年度 2017 
開講学期 秋学期 
曜日時限 秋学期 水曜日 4時限
必修選択  
単位数 1.0 
担当教員

上瀧 恵里子

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室 2107 
その他
(自由記述欄)



授業概要
  本講義では、卒業後のキャリアデザインをよりよく描くことをサポートすることを目指す。 シリーズで開講する本講義では、男女共同参画推進の視点からキャリアデザインを考える。







  現在日本では女性活躍推進法が制定されるなど、女性人材の活用が急務となっている。その歴史的背景や国際的な比較も含め、日本の置かれている実情の理解の上に、将来の男女共同参画社会実現に資する自分自身の多様なキャリアの可能性について考える。 
  The purpose of this course is to enhance students' career paths after graduation in the views of "Promotion of Gender Equarlity". Last ten years Japanese goverment is enhancing the activities of women in the society. In this course the historical background and international comparisons are recognized. Then we also consider the possibility of career diversity which contributes the Society of Gender Equality. 
キーワード
男女共同参画社会基本法、 男女共同参画基本計画、ジェンダー・ギャップ指数、ワーク・ライフバランス、 働き方改革 
履修条件等
分野・学年に関係なく、履修可能です。 
履修に必要な知識・能力
「男女共同参画」という言葉に関心あるいは興味があること。自分のレポートの説明が出来ること。 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解   
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. オリエンテーション  -身近な事例を考える― 
◯ 
   
2. 男女共同参画社会基本法ができるまで 
◯ 
   
3. 日本に対する国際的評価 
◯ 
   
4. 前半のまとめとミニレポート 
 
   
5. 大学における男女共同参画の推進 
◯ 
   
6. 女性活躍推進法の制定 
◯ 
   
7. ワーク・ライフバランスと働き方改革 
◯ 
   
8. 全体のまとめとミニレポート 
 
   
授業以外での学習にあたって
テキスト
参考書
授業資料
 毎回資料を配布します。 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
◯ 
◯ 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
◯ 
◯ 
◯ 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
ルーブリック
学習相談
メールで受け付けます。  jotaki[at]danjyo.kyushu-u.ac.jp 
添付ファイル
その他
8回の講義のうち、4回目と8回目に時間内にレポートを課す。 
更新日付 2017-10-09 12:44:00.92


PAGE TOP