シラバス参照

講義科目名 サイバーセキュリティ演習 
科目ナンバリングコード KED-GES1160J 
講義題目
授業科目区分 総合科目 General Subjects 
開講年度 2017 
開講学期 冬学期 
曜日時限 冬学期 水曜日 4時限
必修選択  
単位数 1.0 
担当教員

小出 洋

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室 情報基盤研究開発センター 207 
その他
(自由記述欄)



授業概要
演習装置を用いた、ハンズオン形式のサイバー演習を行ないます。演習では、サイバーセキュリティに関する2種類の攻撃を扱います。具体的な内容は講義の時に説明しますが、データベースへの攻撃、サーバへの攻撃などの演習を行います。 
This lab will be performed with Cyber Range System.







Student can experience two typical Cybersecurity attacks. 
キーワード
Cyber Range 
履修条件等
8回すべて出席すること。 
履修に必要な知識・能力
基本的なパソコン操作ができること。 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  座学により取り組む課題を理解したか。 
2. B:専門的技能  演習ができたか。 
3. C:汎用的技能  課題ができたか。 
4. D:態度・志向性  8回すべて出席すること。 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 座学(課題で取り組む内容を理解します。) 
◯ 
   
2. 座学(課題で取り組む内容を理解します。) 
◯ 
   
3. 演習 step by step で取り組む内容を確認します。 
◯ 
   
4. 課題 独力で取り組む課題を解決できるかチャレンジします。 
◯ 
   
5. 座学(課題で取り組む内容を理解します。) 
◯ 
   
6. 座学(課題で取り組む内容を理解します。) 
◯ 
   
7. 演習 step by step で取り組む内容を確認します。 
◯ 
   
8. 課題 独力で取り組む課題を解決できるかチャレンジします。 
◯ 
   
授業以外での学習にあたって
サイバーセキュリティ基礎論をよく復習すること。 
テキスト
サイバー演習装置で提示します。 
参考書
授業資料
サイバー演習装置で提示します。 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
◎ 
◎ 
◎ 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
8回すべて出席すること。 
ルーブリック
学習相談
添付ファイル
その他
定員は6名です。 
更新日付 2017-09-19 13:05:21.029


PAGE TOP