シラバス参照

講義科目名 アイデア・ラボⅠ 
科目ナンバリングコード KED-GES1168J 
講義題目
授業科目区分 総合科目 General Subjects 
開講年度 2017 
開講学期 夏学期 
曜日時限 夏学期 水曜日 4時限
夏学期 水曜日 5時限
必修選択  
単位数 2.0 
担当教員

五十嵐 伸吾

開講学部・学府 基幹教育科目 
対象学部等  
対象学年  
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室 2308 
その他
(自由記述欄)
【教室】

センター1号館1302教室 → 6/21よりセンター2号館2308教室に変更になりました。





【講義日程】



6/14、6/21、6/28、7/5、7/12、7/19、7/26、8/2 



授業概要
多くのアイデアの中から、精査、選択の過程を経て実際に実行できるものは1つだけ。そうであれば、最初に出来るだけ多くを創出できなければ成果は得られない。本講義では身近な材料を用いながら、発散的技法を使い短時間で多くのアイデアを創出した上で、収束手法により最適なアイデアを選択する演習を行う。アイデア創出をグループ単位で行うことで、より良い解決策を発案するために、どのようにグループを刺激し活性化するかグループ・ダイナミクスのスキル向上の機会を合わせて提供する。一部の講義ではゲストによる講義も計画している。 
This course aims to cultivate the ability to generate ideas. Students also



learn skills for maximizing team power. 
キーワード
アントレプレナーシップ、発想力、創造力 
履修条件等
「アントレプレナーシップ入門」が原則履修済であること。 
履修に必要な知識・能力
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解   
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. ガイダンス 
◯ 
   
2. 問題解決技法:発散法と収束法 
◯ 
   
3. バグ(イライラの源)を探せ 
◯ 
   
4. 逆転の発想法 
◯ 
   
5. デザイン思考基礎(その1) 
◯ 
   
6. デザイン思考基礎(その2) 
◯ 
   
7. アイデア発想と実施 
◯ 
   
8. グループワークの実施の結果発表 
◯ 
   
授業以外での学習にあたって
テキスト
なし。講義毎に教材を指示あるいは配布する。 
参考書
ティナ・シーリグ「20歳のときに知っておきたかったこと」(阪急コミュニケーションズ)



ジェーン・フルトン・スリー、IDEO「考えなしの行動」(太田出版)



星野匡「発想法入門」(日経文庫;日本経済新聞社) 
授業資料
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
40% 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30% 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30% 
成績評価基準に関わる補足事項
出席を重視する。出席30%、講義への貢献30%、最終レポート40% 
ルーブリック
学習相談
原則、講義前後に実施する。より個別具体的な相談は日程調整の上、実施する。 
添付ファイル
その他
更新日付 2017-09-19 08:35:41.131


PAGE TOP