シラバス参照

講義科目名 素子材料工学特論 
講義題目
授業科目区分 専攻授業科目又は関連授業科目(major courses or related courses) 
開講年度 2016 
開講学期 後期 
曜日時限 後期 水曜日 2時限
必修選択 学府要項を確認のこと。(refer to the Guidelines for IGSES) 
単位数 2.0 
担当教員

宮脇 仁

開講学部・学府 総合理工学府 
対象学部等 総合理工学府(IGSES) 
対象学年 修士課程(Master’s Program) 
開講地区 筑紫地区
その他
(自由記述欄)



履修条件
授業概要
多孔体、特に多孔性炭素材における吸着現象の基礎と応用について、具体例を示しながらの講義 
Fundamentals of adsorption phenomena and the application for porous materials, especially for porous carbon materials 
全体の教育目標
表面分析法、細孔評価法などの物性評価法とともに多孔性材料調製法とその応用についての理解 
個別の教育目標
授業計画
1.多孔性材料
2.表面分析法
3.表面との相互作用
4.吸着現象
5.吸着測定法
6.ガス吸着の解析法
7.溶液吸着の解析法
8.多孔性材料の調製法 I
9.多孔性材料の調製法 II
10.多孔性材料の物性改善法 I
11.多孔性材料の物性改善法 II
12.多孔性材料の応用例 I
13.多孔性材料の応用例 II
14.多孔性材料の応用例 III
15.まとめ 
キーワード
多孔体、表面、吸着、炭素材 
授業の進め方
講義 
テキスト
参考書
学習相談
随時 
試験/成績評価の方法等
出席とレポート 
その他
添付ファイル
更新日付 2016/04/01 21:58


PAGE TOP