シラバス参照

講義科目名 有機化学演習 
科目ナンバリングコード PHS-MDS3721J 
講義題目
授業科目区分 演習 
開講年度 2016 
開講学期 後期 
曜日時限 後期 木曜日 1時限
必修選択 選択 
単位数
担当教員

佐々木 茂貴

谷口 陽祐

開講学部・学府 薬学部 
対象学部等 薬学部創薬科学科 
対象学年 3年 
開講地区 病院地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
教室 薬学部第二講堂 
その他
(自由記述欄)



授業概要
本講義は一連の有機薬化学Ⅰ—Ⅳで学んだ知識を基に、演習問題を解きながら自分の頭で考え、有機化学反応を理解することを目標とする。「有機化学は暗記の学問」ではなく、「思考」が必要とされる学問である。様々な理論に基づき実験事実を理解することが、「有機化学」では重要である。本演習では、有機薬化学Ⅰ—Ⅳで修得した、有機化学の基礎知識を元に、化合物の構造の範囲を限定することなく、総合的な有機化学反応の演習問題を用いて、なぜある有機化学反応がおこるのか、またおこらないのかを学習する。本演習では特に有機人名反応を「カーブした矢印」で理解することを重点に演習を行う。毎回、有機人名反応に関する演習問題を課し、受講学生とティーチングアシスタントによりこれらの問題の解説、解答を行い、それぞれの学生の学習到達度を随時把握しながら、教育を行う。 
This lecture is based on the knowledge learned in a series of organic chemistry I-IV, while solving the exercises, the goal is to understand the organic chemical reaction. Organic chemistry rather than academic memorizing an academic thought is required. It is important in organic chemistry to understand the experimental facts based on various theories. In this exercise, based on the basic knowledge of organic chemistry, which was mastered in Organic Chemistry I-IV, why to learn whether the organic chemical reaction occurs. Without limiting the scope of the structure of the compound is carried out using exercises overall organic chemical reactions. In particular to understand the organic name reaction by using the curved arrow. Every time, do the commentary with the answer of these problems by the student and teaching assistant, provide education while at any time grasp the learning achievement of each student. 
キーワード
有機人名反応、曲がった矢印、反応機構
(Organic name reaction, curved arrow, reaction mechanism) 
履修条件等
特に将来、創薬化学研究者・技術者を希望する学生には履修を薦める。
(In particular, the future, the students who wish to drug discovery chemistry researchers and engineers recommend the course.) 
履修に必要な知識・能力
薬学部で開講されている化学系の講義を受講していることが望ましい。
(Attendance of the lectures on Chemical chemistry area given in the faculty of pharmaceutical sciences is recommended.) 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  化学反応を説明する曲がった矢印の理解 
2. B:専門的技能   
3. C:汎用的技能   
4. D:態度・志向性   
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 有機反応機構演習 1 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
2. 有機反応機構演習 2 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
3. 有機反応機構演習 3 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
4. 有機反応機構演習 4 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
5. 有機反応機構演習 5 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
6. 有機反応機構演習 6 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
7. 有機反応機構演習 7 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
8. 有機反応機構演習 8 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
9. 有機反応機構演習 9 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
10. 有機反応機構演習 10 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
11. 有機反応機構演習 11 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
12. 有機反応機構演習 12 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
13. 有機反応機構演習 13 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
14. 有機反応機構演習 14 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
15. 有機反応機構演習 15 
 
○  講義内容は確実に復習すること 
授業以外での学習にあたって
テキスト
特に指定しない。
Not particularly specified. 
参考書
特に指定しない。
Not particularly specified. 
授業資料
教科書等は特に指定しないが、講義によってはプリントを配布する。
(Textbooks are not specified, and handouts will be distributed. PowerPoint and/or OHP will be used in the lectures.) 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◎ 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述1) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述2) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その他(自由記述3) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
成績評価基準に関わる補足事項
ルーブリック
学習相談
オフィスアワー等については、各教員のホームページ等を参照すること。
Please see the HP of the teachers about office hours. 
添付ファイル
その他
更新日付 2016-09-08 15:57:46.756


PAGE TOP