シラバス参照

講義科目名 先端生命科学 
科目ナンバリングコード SCI-BIO3201J 
講義題目
先端生命科学
Advanced Bioscience 
授業科目区分 専攻教育科目 
開講年度 2016 
開講学期 前期 
曜日時限 前期 月曜日 2時限
必修選択 選択 
単位数
担当教員

釣本 敏樹

池ノ内 順一

開講学部・学府 理学部 
対象学部等 理学部生物学科 
対象学年 学部3年 
開講地区 伊都地区
使用言語 日本語(J) 
使用言語
(自由記述欄)
授業資料は英語を使用する。学術用語は英語が中心となる。 
教室 講義棟202 
その他
(自由記述欄)



授業概要
前半は、真核生物の染色体を舞台とする先端的な研究による知見を、分子生物学を背景として講義する。後半では、細胞生物学の進展の著しい分野をTopicとして取り上げて、研究の歴史的な経緯から最近の知見までを紹介する。 
The first half of this lecture will provide new insights into chromosomal structures and functions based on several current technologies of molecular biology. In the second half, recent progresses in the field of cell biology will be introduced. 
キーワード
ヒストン、染色体、ゲノム、細胞、細胞膜構造 
履修条件等
基礎生命科学、分子生物学、細胞生物学を受講したもの。 
履修に必要な知識・能力
基礎的な生物学の知識を持ち科学英語用語を理解できること。 
到達目標
No 観点 詳細
1. A:知識・理解  遺伝子、染色体、核、細胞、細胞膜などの高次構造の動態を明らかにできる先端的技術の原理と、それを使った研究成果について、正しく理解できる。 
2. B:専門的技能  細胞動態を明らかにできる先端的技術の原理を基にして、そこから提示される研究結果、さらに応用的側面について思考し、議論できる。 
3. C:汎用的技能  分子、細胞生物学の新しい研究の流れを理解し、それらの研究の背景の原理、原則、応用面について理解できる。 
4. D:態度・志向性  生命機能のしくみが、多くの研究者の努力、創意工夫によって分子レベルで説明できるようになった背景を理解し、真実の解明への謙虚な姿勢を持つことができる。 
授業計画
No 進度・内容・行動目標 講義 演習・その他 授業時間外学習
1. 染色体の構造と機能(ヒストンからクロマチンまで) 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
2. ゲノムの恒常性維持(複製を中心にして) 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
3. ゲノムの恒常性維持(組換え、修復を中心にして) 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
4. ゲノムの恒常性維持(DNA損傷応答を中心にして) 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
5. 細胞周期、細胞増殖, 細胞のがん化 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
6. ゲノムの再編、編集I 
◯ 
  授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
7. ゲノム編集II, 中間テスト 
◯ 
前半の内容の理解度を見るために中間テストを行う(50点)   
8. 細胞膜(概念の変遷と研究手法の紹介を中心として) 
◯ 
   
9. 細胞骨格(中心体、線毛の機能を中心として) 
◯ 
   
10. 細胞接着・細胞内輸送による組織構築の制御I 
◯ 
   
11. 細胞接着・細胞内輸送による組織構築の制御II 
◯ 
   
12. 細胞に存在する時間の概念 
◯ 
   
13. 細胞による機械受容、メカノバイオロジー 
◯ 
   
14. 合成生物学 
◯ 
   
15. 学期末試験 
 
後半の内容の理解度を見るために学期末試験を行う(50点)   
授業以外での学習にあたって
(釣本) 授業内容に先行した課題を出すので、それを必ず行うこと。 
テキスト
特に指定しない。 
参考書
参考図書は、授業中に随時紹介する 
授業資料
(釣本)毎週、授業内容に即したプリントを配布する。プリント中に重要事項を空欄にしてあるので、授業を基にして埋めること。 
成績評価
評価方法・観点 観点No.1 観点No.2 観点No.3 観点No.4 観点No.5 観点No.6 観点No.7 観点No.8 備考(欠格条件・割合)
 
◎ 
◎ 
◯ 
 
 
 
 
 
中間テスト(50点)
学期末試験(50点) 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◯ 
◯ 
◯ 
◎ 
 
 
 
 
課題の提出が不十分
(75%以下)の場合は成績を評価しない(釣本) 
成績評価基準に関わる補足事項
課題の提出が不十分(75%以下)の場合は成績を評価しない(釣本) 
ルーブリック
学習相談
月曜日 13:00-15:00(釣本)
オフィスアワーは特に設定しません。講義終了後もしくはメール(ikenouchi.junichi.033@m.kyushu-u.ac.jp)で連絡の上、D-809室に来てください。(池ノ内) 
添付ファイル
その他
更新日付 2016-03-16 19:10:37.491


PAGE TOP